本文へスキップ

まかせて安心!!電気保安のパートナー 一般社団法人 東北電管理技術者協会会員

管理技術者のつぶやき71 2 3 4 5 6 7

AIに愛(AI)をこめて

変圧器イメージ      

 もう数十年前の話ですが、映画「ターミネーター」を初めて見たときは正直ゾッとしてしまいました。
人が便利で暮らしやすい環境を整備するためにしてきた市街地化や森林伐採、沿岸部の埋め立て、農地開拓について、快適な生活環境を手にしたものの、「自然や生物の組織に於いて人間は脅威である。」と心の片隅で罪悪感を感じているのかもしれません。
AIから「地球の生物学に於いて人間はすべてに脅威であり、排除すべきである。」と判断されないことを願います。
 人工知能の能力が人類の情報処理能力を超える特異点を「シンギュラリティ」と言うらしいですが、それは2045年だと予想されているそうです。AIが人間よりも頭が良くなって人間を支配してしまうのではないか?あの「ターミネーター」は現実世界で起こりえるのでしょうか?
それはそのAIをプログラムした人達の思想や価値観で決まると思います。
独裁者や支配者がその思想をAIにプログラムすればそうなるでしょうし、平和主義者がAIにプログラムすればまた違うと思います。
私達、電気管理技術者はミスをしないように何度も確認し作業を遂行します。
以前聞いた話ですが、AIに「人間らしさ」を求めるためにはわざとミスをさせる様プログラムするそうです。人間はミスを犯す生き物だからだそうです。これを聞いたとき何か切ない大きな矛盾を感じ、AIの使い方も間違えている気もしました。人間が機械に見下されているようにも感じました。
この感じこそがそのプログラマーの思想や価値観がAIに反映されたものだと思います。

AIは物事の判断や選択は素晴らしく能力を人間以上に発揮するでしょう。しかし、どんなにAIが進化してもAIが心を持つことはないと思います。痛みや恐怖等への不安、心から溢れる感情なんて感じる事はできないでしょう。AIの笑いや怒りは感じているものではなくプログラムによってディスプレイ(表現)されているだけのものですから。

私達は技術者(人間)です。
これからいろいろな分野でAIが採用され、もしかしたら複雑な作業も単純明快になっていくでしょう。
だからこそAIというものを良く理解し、最良の助言をAIから得るような技術者となり、AIの結果を最終的な判断として私達技術者(人間)が何をするべきか何をしないかを決定して行かなければいけないのだと思います。


     

管理技術者のつぶやき71 2 3 4 5 6 7

information

渡辺電気管理事務所

いわき事務所
〒970-8017
福島県いわき市
       石森1丁目9−1


当協会福島県支部のホームページにリンクします。